【映画】ディパーテッド

ディパーテッドディパーテッド The Departed
監督・制作:マーティン・スコセッシ
2006年 アメリカ
男は、死ぬまで正体を明かせない。

グッドフェローズ」以来、久しぶりに観たマーティン・スコセッシの映画は香港映画「インファナル・アフェア」のリメイク作品ですか、そうですか。

知らずに観てしまったが、「インファナル・アフェア」の内容なんてすっかり忘れてしまっていたので、なんの支障もなかった。

>>内容<<
マサチューセッツ州ボストン南部、通称「サウシー」。
警察はこの街に蔓延する犯罪を撲滅すべく最終戦争に突入しようとしていた。
標的は犯罪組織のトップ、フランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)。
その支配力を内部から崩そうと警察は新人警官のビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)を組織に潜入させる。
一方、コステロは新人警官のコリン・サリバン(マット・デイモン)をスパイとして送り込んでおり警察の捜査は筒抜けになっていた。
お互い素性を隠して潜入生活を続けるビリーとコリンだったが、やがて警察もマフィアも彼らの正体に気付き始め二人は窮地に追い込まれることになる。

ジャック・ニコルソン、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、三人とも良い演技してるなぁ~、と感心。

スコセッシらしいカッチリした構図もこうしたクライム・サスペンス映画には相性が良い。ストーリーが進むにつれジリジリとビリーとコリンが追い詰められる展開に、「一体どうなるんだ?」手に汗を握ること間違いないだろう。

ただ、特に意味があったとは考えられない「思わせぶりな恋愛ドラマ」が差し込まれていたり、運任せな展開があるところは残念だが、全体的には十分合格点な良作。

ディパーテッドディパーテッド The Departed
監督・制作:マーティン・スコセッシ
評価:stars
amazon-logo78_20

コメント

  1. 「ディパーテッド」レビュー

    「ディパーテッド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マー…