【映画】浮き雲

浮き雲浮き雲/Drifting Clouds
監督・製作・脚本:アキ・カウリスマキ Aki Kaurismaki
1996年 フィンランド

「真夜中の虹」「浮き雲」とアキ・カウリスマキ監督作品連発なんですが、そのわけはこの2作品がDVDでは1枚にまとまっているからである。

他愛もない理由です。

不況のため共に職を失ってしまった、レストランの給仕長イロナと電車の運転手ラウリの夫婦。二人は次の職が見つからず苦しむが、やがてイロナがレストランを営むという目標を見い出し、共に手を取り合って夢の実現に励む。

路面電車の運転手ラウリと、レストランの廃業で給仕長の職を失ったイロナという中年夫婦は、不況の中、次の職を探す。

しかし、ラウリが長距離バスの運転手の職を見つけたかと思ったら、健康診断にひっかかって不採用になり、イロナはイロナでやっとありついた安食堂の職も、結局はタダ働き。

新しくレストランを開店しようとするも、銀行から融資を断られ、車を売った金で一攫千金を狙ってギャンブルに手をだすが、一文無しになってしまう・・・という身も蓋もない話し。

浮き雲ハイこの映画、イイです。

かなり抑制された演出が最後まで続き、観る人によってはものすごく退屈な映画かもしれない。

でもボクは好きです。最後の場面、希望って感じで実にイイですね。

なんてんだろ、最後に「ホント、良かったねー」と心から思ってしまう映画だ。

*Amazon*
浮き雲/アキ・カウリスマキ

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor