【映画】ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-

ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-

インターネット上での署名活動により日本でも公開された1本。
監督は「ショーン・オブ・ザ・デッド」(未見)のエドガー・ライト。

ホントに署名活動で公開が決定したのかは知らんが、黙って観てくだされ。これ、傑作です。

>>内容<<
エリート刑事がド田舎に左遷!? 平穏そのもので退屈な町だが、どこか 陰気なムードが・・・。 そして、なんとも恐ろしい連続殺人事件が発生した!
ロンドンのエリート警官ニコラス(サイモン・ ペッグ)は仕事が出来過ぎるため、田舎町 に左遷される。事件など起こったことのない、住人の誰もがお互いを知っている、愛らしく平和で退屈な町だ。新しい相棒の ダニー(ニック・フロスト)は、「バッドボーイズ」などのポリスアクション映画にあこがれているが、実際には銃を撃ったこともない。が、謎の殺人事件が次々と起こり、事故だと主張する同僚たちをよそに、ニコラスとダニーは犯人に立ち向かう。。。

コメディの要素が楽しいアクション映画なのだが、所々にリスペクトしている(?)映画のパロディが見られる。「ハートブルー」なんかモロというか、劇中で丁寧に元ネタを披露してくれているほどの親切さ。

でもこの作品、元ネタ知らなくたって断然面白い。パロディなんかなくたって十分に見られる。

やたらとテンポがよいカット割りはメチャクチャ小気味良いし、印象的なカットもふんだんに散りばめられている。

で、序盤から監督の手腕によって一気に映画の世界に引き込まれるのだが、最後まで飽きさせることなく見せてくれる。←これができない映画が多い。

間違いなく傑作。
DVDが欲しいくらいである。

とりあえず黙って観るべし。そして黙って笑うべし。

スポンサーリンク
sponsor