【映画】ルビー&カンタン

ルビー&カンタンルビー&カンタン/Tais Toi !
監督・脚本:フランシス・ヴェベール Francis Veber
2003年 フランス

「奇人たちの晩餐会」「メルシィ!人生」のフランシス・ヴェベールによる作品。

ジャン・レノ(Jean Reno)とジェラール・ドパルデュー(Gerard Depardieu)の共演による痛快アクションコメディ。
刑務所で出会ったふたりの男・ルビーとカンタンが、ひょんなことから共に脱獄し、次第に友情を深めていく。

落ち着きがなくいつもお喋りが過ぎて友達の一人もできないカンタンが、「奇人たちの晩餐会」のピニョン(ジャック・ヴィルレ)とキャラが被っているように見えるのだが、こうしたちょっと気の毒なキャラを描かせるとフランシス・ヴェベールは天下一品だ。

ストーリーは「奇人たちの晩餐会」「メルシィ!人生」と比べると奥行きに欠けていて、登場人物のキャラは立っているのにありきたりなコメディ映画になってしまっているのがヴェベールの作品だけに残念。

Amazon:ルビー&カンタン/フランシス・ヴェベール

スポンサーリンク
sponsor