【PC】Windows XP高速シャットダウン

家のPCでは結構前から使っている高速シャットダウンを紹介。

通常、Windows のシャットダウンは、スタートボタン→終了オプション→電源を切る、という手順を踏むが、最後の選択肢にある「スタンバイ」や「再起動」の出番なんてほとんどない人が多いと思う。

つまり、「スタンバイ」や「再起動」は必要な時だけ使えれば十分かと思う。

そこで、ワンクリックでシャットダウンできるショートカットを作って楽しよう。

高速シャットダウン用ショートカット作成手順
1.デスクトップを右クリックしてでてきたメニューから「新規作成→ショートカット」。
2.でてきた「ショートカットの作成ウィザード」の「項目の場所を入力してください」に「shutdown -s -f -t 0」を入力し、「次へ」をクリック。
3.「このショートカットの名前を入力してください」で、適当な名前を入力し、「完了ボタン」をクリック。
4.完成したショートカットをクリックすると Windowsがシャットダウンするようになる。
5.クイック起動バーとかに作ったショートカットを登録すればシャットダウン時間が短縮できてあら嬉し。

とっても簡単にショートカットが作成できるが、「ShutDown」というツールを使うと7通りのシャットダウン・ショートカットを作ってくれて更に楽&利便性UP!

再起動・電源オフ・ログオフ・スタンバイ・休止状態・コンピュータのロック・ユーザーの切り替え・スクリーンセーバーの起動・モニタ電源省電力モード・モニタ電源オフ、などのショートカットを作ってくれるので、よく使うショートカットを作って使いわけると出来る大人の気分が味わえる、かもしれない。

もちろん、一発でお望みの動作が実現するショートカットなので、間違ってもキャンセルできないから要注意。

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor