【音楽】Alpacas Orgling/L.E.O.

音楽。

Alpacas Orgling/L.E.O.Alpacas Orgling アルパカス・オーグリング
L.E.O.
2006年

先日紹介した TV EYES が元 Jellyfish の Jason Falkner と Roger Manning、元 Redd Kross の Brian Reitzell というメンバー。

ならばと思ったのか知らないが、同じく 元Jellyfish の Andy Sturmer が参加しているのがこの L.E.O. だ。


中心となるのは、鬼才 bleu。そこに Andy Sturmer に Hanson と元The Black Crowes の Steve Gorman (今はバンドに復帰?)等々といった豪華な面子。

コンセプトはバンド名からもわかるように、E.L.O.(Electric Light Orchestra)へのオマージュ、特に Jeff Lynne に捧げると題して作られている。

音の方は笑っちゃうくらい Jeff Lynne 節。

E.L.O. テイストはもちろんのこと、Jeff Lynne の仕事である Travelling Wilburys や George Harrison の「Cloud Nine」辺りのサウンドもチラホラ。

実に良く研究されていて、Jeff Lynne の仕事だと教えられても違和感がない。

曲そのものは Jeff Lynne ほどのキャッチーさがないように思う。

良い曲もあるのだが、圧倒的なメロディがないので、E.L.O. レベルを期待すると肩透かしに感じるかもしれないが、あの時代を感じられる現代の作品としてならば十分に楽しめる。

E.L.O. の名曲「Don’t Bring Me Down」をカヴァーして遊んでいるが、ファンなら聴き逃せないんでは?

個人的には The Bee Gees がカヴァーしてるように聴こえた(笑。

Alpacas Orgling/L.E.O.Alpacas Orgling アルパカス・オーグリング
L.E.O.
評価:stars

*関連テーマLink*
【音楽】TV EYES/TV EYES