【本】ドーキンス VS. グールド/キム・ステルレルニー

進化論とか古代生物、宇宙とかについて書かれた本を読むのは好きなので、そうしたジャンルの本で評判が良くて内容が噛み砕かれてそうなものについてはついつい手を出してしまう。

今回もそうした流れで買った本。

生物の行動パターンやありようを「利己的な遺伝子」によって説明し、適応は遺伝子の淘汰であると考えたリチャード・ドーキンス。
古生物学者として大量絶滅に可能性を見いだし、進化は偶然に助けられたとして「断続平衡説」を説くスティーヴン・J・グールド。
現代における進化と適応についての研究成果をさまざまな側面から公成にたどることにより、この2人の視点を徹底的に検証。
論議の応酬が絶えなかった20世紀の生物進化における最大の論争に決着をつける。本邦初訳。

生物の進化と適応について動物行動学者のドーキンスと古生物学者のグールドの説を中立的な立場から記した一冊。

読み終わったのが結構前なのでかなり記憶が怪しいのだが、生物は遺伝子によって利用される「乗り物」に過ぎないとしたドーキンスと(利己的遺伝子)、進化は必然ではなく「偶然」が大きな役割を果たしているとしたグールドの説(断続平衡説)を中立的な立場から検証したのが本書。

今では更に研究が進んでいるかもしれないが、ドーキンスとグールドというこの世界の代表的人物の説を俯瞰する作業は無駄ではない。

「ドーキンス VS. グールド」という煽り気味なタイトルほどには両者の説は離れていないよう。

専門書ではないのだが、それでも難しいというか、ちまちまと読んでいたのでなおさら難しく感じた。200ページ程度だしこういう本は一気に読んでしまうべきだなー。

スポンサーリンク
sponsor