【本】フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで/サイモン・シン

最近は特にそうだが、「情報考学 Passion For The Future」さんところで紹介されている本はどれもこれも読みたくなるものばかりだ。

で、先日読んで大感銘を受けた「暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで」と著者も訳者も同じ「フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで」を読んだが、これまた大傑作。

17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。
「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが――。
天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション!

数学なんて全然縁もないし知識もないが、フェルマーの最終定理はなんとなく記憶にあった。公式は忘れていたが。

3以上の自然数nに対して

Xn + Yn = Zn

を満たすような自然数 X、Y、Z はない。

これが「フェルマーの最終定理」と呼ばれるものだが、このネーミングがまたロマンを感じさせずにはいられなかったりする。

実際には、フェルマーが最後に発見した定理だからそういう名前になったようだが、フェルマーによる最高の難問=世界中の数学者が束になってもかなわない難問、と思わせる絶妙なネーミングだろう。実際にも350年間証明されることのなかった難問なわけであるが。

さらに、フェルマーはこの定理の証明は明らかにしなかった。

私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、
余白が狭すぎるのでここに記すことはできない。

定理を書いた余白にこう書き残しただけだったのだ。

それを数学者ワイルズが当時最新の数学テクニックを駆使し、証明する過程の筆致は見事としか云う他ない。

さて、本当にフェルマーが証明を知っていたのかは今でも謎だが、実際に証明ができたのだとしたら、当時の数学テクニックでも証明可能なのだろう。

誰も気づいてないけど、もっと簡単に証明できるんだよコレ! ってことじゃないか。

「真に驚くべき証明」が実はどこかにあるのかも。

なんかよくできた推理小説みたいだなー。

まぁ、とにかく数学というジャンルにあてはまらない壮大な人間歴史ドラマである。

数学わかんなくても150%面白いよ!

*参考Link*

Passion For The Future: フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor