【アニメ】攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX 1

 監督・脚本:神山健治

ようやく「攻殻機動隊」関連では最新作となる「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」を観た。

もう既にレンタルでは出回っているのだが、絵コンテ等のついたブックレットと特典DISCの誘惑に負けて購入。

>>内容<<
前作の『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』から2年後の西暦2034年。
草薙素子の失踪から2年後、トグサが組織を率い、メンバーも大幅に増員された新生公安9課と超ウィザード級ハッカー「傀儡廻(くぐつまわし)」との戦いを描く約105分の長編作品。

新作となると久しぶりで期待して観たが、その期待を裏切らない出来。

「攻殻機動隊シリーズ」は舞台設定もストーリーも広大なネットの世界のように難解で、観る度に発見があり、本作もそうした作品である。

初見ですべてを理解したわけではないが、ファンの期待を裏切らない作品になっていると思う。

トグサがアレしちゃうシーンはちょっと感動的ですらあるし、少佐萌えな人たちは欲求不満になるかもしれないが、草薙素子の立ち位置も悪くない。

「攻殻機動隊」を大人のドラマと捉えるならば、草薙素子が存分に活躍するだけが「攻殻機動隊」ではないという、こうした回もあってしかるべきだろうし、その点では映画「イノセンス」は白眉だと思う。

早速であるが、アナウンスすらされてないTVアニメ3rdシリーズをもう観たい。