【映画】WXIII 機動警察パトレイバー/WXIII PATLABOR THE MOVIE 3

WXIII 機動警察パトレイバー

 監督:高山文彦

 事件の裏に隠された「廃棄物」シリーズの存在とは。
 東京湾に悲しみの旋律が響きわたる――。
 魂を売ってでも、手に入れたい愛がある

映画シリーズの1、2作目は、ストーリーといい映像といい日本を代表するアニメーション映画に間違いなく入る。

となると、3作目だって期待するのが普通だ。

>>内容<<
昭和75年の東京で続発するレイバー連続殺人事件。
その事実解明に挑む2人の刑事と、事件の鍵を握るひとりの女性科学者・・・背後に巨大な陰謀うぐめくなか、結末は大きな悲劇へと導かれていく…。

押井守印ではないが3作目に期待するなってのが無理な話で、本当は映画館にまで足を運ぶつもりが、所々から聞こえてくる「イマイチ」の声に財布がガチガチに凍りついてビデオで観ることとなった。

原案はコミック版の「機動警察パトレイバー」で発表された「廃棄物13号」と「STRIKE BACK(逆襲)」だそうで、とりみきが脚本を手掛けている。

コミック版は読んでないのでどう脚色したのかはわからないのだが、レイバーが最後の最後にしか登場せず、特車2課第2小隊も同じく脇に押しやられている。(まぁ、過去の作品でもレイバーは脇役的扱いなんだが)

だからダメかとなるとそういうわけじゃないんだけど、やっぱり「機動警察パトレイバー」の看板で期待して観るわけだから、特車2課第2小隊がほとんど出てこないのは少なからずともガッカリ。

が、内容は悪くない。

前2作と比べると佳作的な位置づけになってしまうと思うが、それでも十分高いクオリティ。

そういや「グエムル 漢江の怪物」と「WXIII 機動警察パトレイバー」のモンスターが似ている云々という話がネットで話題になった。

まぁ、似てると云えば似てるとは思うが、爬虫類からモンスターの造形を起こせばどれも似そうなもんであるとも思う。

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor