【映画】イントゥ・ザ・ワイルド

イントゥ・ザ・ワイルドイントゥ・ザ・ワイルド Into the Wild
監督:ショーン・ペン
2007年 アメリカ
そして僕は歩いて行く
まだ見ぬ自分と出会うために

ジョン・クラカワーの傑作「荒野へ」を、ショーン・ペンの監督・脚本で映画化。

良質な原作から良質な映画が誕生することは、そんなにないものだが、今回の映画「イントゥ・ザ・ワイルド」は傑作!

>>内容<<
1990年夏、大学を優秀な成績で卒業したクリストファー・マッカンドレスは、ハーバードのロースクールへの進学も決まり、将来を有望視された22歳の若者だった。
ところがある日、周囲に何も告げることなく全てを捨て、彼は姿をくらました。
これがクリスの”真実を探す”壮大な旅の始まりだった。最終目的地は、アラスカ。

大学を卒業するくらいにもなって中二病を患うなんぞ、というヒネた見方もできるけど、こういうイタい時代がない人ってある意味、相当イタいと思ってしまうのはおかしなことだろうか。

彼の行動を非難することは実に簡単なんだけれども、彼の行き方、やろうとしたことは実に羨ましいものである。
人生の一場面に、こういう風に過ごした時間がある、というのは、とっても羨ましいことである。行き着いた結果は関係ないのである。

映画の内容は、原作「荒野へ」と同様に、主人公クリストファー・マッカンドレス(別名:アレクサンダー・スーパートランプ)の、信条や行動を肯定も否定もしない。あくまで客観的な視線を保ち続ける。

これがこの映画の良いところ。
観ている人の妙な思い入れを後押ししようとしないのだ。

で、繊細な主人公を演じるエミール・ハーシュの演技は見事。(トリップ・レース・ムービー「スピード・レーサー」に出演していたみたいだが、全然覚えてない。。。)

ご存知パール・ジャムのエディ・ヴェダーによる音楽も絶品。

イントゥ・ザ・ワイルドイントゥ・ザ・ワイルド Into the Wild
監督:ショーン・ペン
評価:stars
amazon-logo78_20

スポンサーリンク
sponsor