【映画】宇宙からのメッセージ

映画「宇宙からのメッセージ」の画像

概要

ガバナス人の侵略を受けた惑星ジルーシアの長老は、勇者に助けを求めるため太陽系連邦に向けて“リアベの実”を放つ。
この実を手に入れた8人の勇者がガバナスの大軍と壮絶な宇宙戦を繰り広げる、という「スター・ウォーズ」の日本公開に先駆けて(慌てて)作った東映渾身の和製SF大作*1が、「宇宙からのメッセージ」である。
監督はなんと深作欣二。衝撃的だ。

作品情報

  • 監督:深作欣二
  • 出演:ビック・モロー、志穂美悦子、千葉真一、真田広之、成田三樹夫
  • キャッチ:それを想像とは誰も言えない。

感想

子供の頃に劇場まで観に行きそれなりに興奮して楽しんだ*2のだが、後に「スター・ウォーズ」を観た時、あの「宇宙からのメッセージ」はいったいなんだったのだろう? と思ったものである。

内容は「南総里見八犬伝」と「スター・ウォーズ」の不肖の息子。

特撮は本家に見劣りするという以前に、カットやアイデアが似ていてちょっと痛々しいくらいで、昔の映画にありがちであるが、役者の演技が寒々しい。

しかし「スター・ウォーズ」人気に便乗したような作品とは云え、1983年に公開された「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」のクライマックス、デス・スター内部でミレニアム・ファルコンが飛び回るシーンは「宇宙からのメッセージ」からアイデアを拝借したとも云われている。

真偽は不明であるが、もしそうだとしたら「宇宙からのメッセージ」だって「スター・ウォーズ」に影響を与えた、しかもシリーズのクライマックスにだ、と誇りに思えるだろう。

で、本編に戻るが、久しぶりに観て思うのは、深作欣二自身こんな半端な仕事で納得していたのだろうか? ってこと。

「スター・ウォーズ」と比べると特撮は間違いなくイマイチに見えてしまうし、大作とは云えストーリーや設定自体は日本の特撮ヒーローものからあまり飛躍していない。

しかし出演者は豪華。

ビック・モロー、丹波哲郎、真田広之、志穂美悦子、千葉真一、天本英世、成田三樹夫。

ね、結構豪華でしょ?

予告編「宇宙からのメッセージ」

  1. 総製作費15億円。特撮に4億円をかけたらしい。 []
  2. 当時、本当は「スター・ウォーズ」を観たかったのだが、大学生と思しき大人が映画館前に並んでる映像を見て怖くなって「宇宙からのメッセージ」を観ることにした。 []
スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor