【お笑い】R-1ぐらんぷり2006

M-1グランプリはすっかり市民権を得たが、ピン芸人(実際にはピン芸人じゃない人多数だが)No.1を決めるR-1ぐらんぷりも、なだぎ武(ザ・プラン9)なんかの登場で、それなりに有名になってきた。

というわけで、遅まきながらDVDを借りてきて観た。

>>内容<<
1年に1回、ピン芸人たちがNO.1を目指して争う「R-1ぐらんぷり」。
その2006年度の王者・博多華丸と、彼と決勝で優勝を争ったファイナリストたちが集って行われた公演の模様を収録。
超絶的なお笑いスキルを持った芸人たちの爆笑ネタが楽しめる。

で、結果、とっても残念なDVDだった。

冒頭から優勝者の博多華丸のネタから始まるという「なんで?」な構成も驚きだが、お馴染みの「ものまね」と「あいうえお作文」というこれが優勝ネタか、とその他の面子のネタに期待できない展開。

今やキー局でもそれなりに売れっ子(?)の博多華丸による児玉清のものまねは、かなり食傷気味なのでしょうがないと云えばしょうがないのだが、「あいうえお作文」のかなり苦しい完成度はちょっとどうかと。これが優勝ネタってのはどうなんだろう。

レンタルの仕様だとDISC1のみなので、その辺は割り引いて考えたいところだが、正直、「R-1ぐらんぷり」ってこんなにレベルが低いのか、というくらい笑えない。

キャプテン☆ボンバー(なかやまきんにくん)なんかは、なぜ決勝の舞台に立てたのか全然わからないし、DISC1のドキュメント部分でも異様にフィーチャーされていて、なんか営業臭がプンプン漂ってくる。一体舞台裏でなにが起きていたのか、ネタよりもそっちの方が興味深い。

で、「R-1ぐらんぷり」の過去の優勝者は以下の通り。

  • 第一回 だいたひかる
  • 第二回 浅越ゴエ(ザ・プラン9)
  • 第三回 ほっしゃん。
  • 第四回 博多華丸(博多華丸・大吉)
  • 第五回 なだぎ武(ザ・プラン9)
  • 第六回 なだぎ武(ザ・プラン9)

「ほっしゃん。」と「なだぎ武」の優勝したネタは観たいかな、と思うのだが、今回と同じくグダグダの構成のDVDだったら嫌だなー。


スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor