【映画】レッドクリフ Part Ⅰ

レッドクリフ Part Iレッドクリフ Part I 赤壁
監督:ジョン・ウー 呉宇森
2008年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
帝国が、襲ってくる。
信じる心、残っているか。

みんな大好き「三国志」。
しかも「三国志演義」な世界をジョン・ウーが頑張って映画化したぜウホー!

と、期待に胸をタコ踊りさせながら「レッドクリフ Part Ⅰ」を観た。

さていかに。

>>内容<<
西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。
最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全滅の危機に。
しかし、関羽と張飛の活躍でどうにか逃げ延びることに成功する。
軍師の孔明は、劉備に敵軍である孫権との同盟を進言、自ら孫権のもとへと向かう。
しかし、孫権軍では降伏論が大勢を占めており、孔明は若き皇帝孫権の説得に苦心する。
そんな時、孔明は孫権軍の重臣・魯粛の導きで、孫権が兄と慕う司令官・周瑜と面会することに。最初は互いに警戒心を抱いていたものの、次第に2人は相手への尊敬と信頼を深めていく。

あー、今まで観た実写版「三国志」の中では一番だ。

でも満足できない。満足とはほど遠い。

オレの脳内では関羽も張飛もチャンチャンバラバラと剣戟なんかほとんどしない。
するのは本当の強敵相手にだけだ。

その他大勢は、横に一閃で10人身体が上下に二分割くらいの画を見せてくれないと全然納得できないのである。なんか張飛は素手で戦ってたりするし。なんじゃそれは。

諸葛亮孔明もなんかコミカルだし、なんだろう、人智を越えた凄味、手垢のついた言葉で云うなら、カリスマがない! どうした。実は龐統だろ、このキャラ。

つか、別に良いんだけどね。

「三国志」をハリウッド大作として実写化しようとした、その心意気だけでオレは及第点を与える。

できれば頭からお尻まで「三国志演義」を実写化してほしいところだが。

レッドクリフ Part Iレッドクリフ Part I 赤壁
監督:ジョン・ウー 呉宇森
評価:stars
amazon-logo78_20

スポンサーリンク
sponsor