【映画】スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~

映画。TV。動画。

スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~
監督:小林正樹
2006年 日本
競技誕生からトリノ・オリンピッグ決勝に到るまでの激闘と感動の歴史。

スキージャンプ・ペアという架空のスキー競技を描いた人気CGパロディの実写映画版「スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~」がテレビで放送されたので録画して観た。

>>内容<<
スキージャンプをペアで飛ぶという奇想天外な競技の模様を本物の大会の雰囲気そのままに映像化し、大きな話題を集め、DVD化されると異例の大ヒットを記録した映像クリエイター真島理一郎のCG作品”スキージャンプ・ペア”。
本作はその”スキージャンプ・ペア”を実写も織り交ぜスケールアップして映画化したパロディ作品。
スキージャンプ・ペア競技誕生を巡る感動秘話とついには”オリンピッグ”の正式種目になるまでの挑戦と苦悩の歴史を、”トリノ・オリンピッグ”決勝戦の激闘とともに振り返る。

スキージャンプ・ペアの映像は話題になった頃にチラホラと観たことはあったが、DVDとかでちゃんと観たというわけではない。

なので、その辺を抜きにした感想になるのだが、正直、詰まらない作品だなと思った。

偽ドキュメンタリーという形式で作るというアイデアは悪くないと思うし、本物の選手である船木和喜や荻原次晴にコメントしてもらうというのも目新しくはないがありだとは思う。

しかし、オリンピックの正式種目にいたる過程については、実に冗長で退屈極まりない。

一応面白いんだろうなという要素は入れているが、登場人物の演技が下手でドキュメンタリーっぽくなく、いかにもシャレで作ってる映画です、という臭いが役者にも物語にもプンプンしているように感じた。こういうのは本気モードでやらないと観てる側も恥ずかしくなってくる。

また、ペアで飛ぶことの利点や面白さについてもほとんど言及していないのもマイナス。嘘でも良いからちゃんと最もらしい理屈をつけないと、私的には手を抜いてると思ってしまう。

チューチューアイスで導きだされた理論ではペアで飛ぶともの凄い距離が飛べるはずで、着地時のショックもそれに比して半端ないものとなるはずだが、実戦では普通のK点前後にしか飛ばないし、ショックを回避するのに体を鍛えるだけというのもアイデアとしてはお粗末。

オリンピック競技化される過程もなし崩し的だし。

オリジナリティがあって面白いと思えるのは最後のトリノ・オリンピックのシーンくらいで、それ以外は・・・だ。

こうした偽ドキュメンタリーとなると「ラトルズ/4人もアイドル!」や「スパイナル・タップ」といった作品の方が数段上というか、真面目にふざけている点だけでも全然格が違うなと思った次第である。

スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~
評価:stars
amazon-logo78_20

コメント

  1. スキージャンプ・ペア〜RoadtoTORINO2006〜(2006) 〜甥っ子プレイの秘話が明かされる!

     '''あらすじ'''

     これは、一人の男と、その息子たちが果たした奇跡の道のりについての、物語であ…