【ケーブル】AVマルチ入力対応ケーブルは画質を上げるのか?

hikaku_img.jpgAVマルチ入力対応ケーブル SONY VMC-AVM250
SONY

先日のエントリー「【ケーブル】高画質で映像を楽しみたい。」で触れていたAVマルチ入力対応ケーブルが届いたので、さっそくコンポジットと画質をザックリ比較してみた。


ケーブルによる画像比較イメージ
上がPS2に同梱されていたよく見るコンポジット・ケーブルを使った時。
下が今回購入したAVマルチ入力対応ケーブルの画像。

一目瞭然で違いがわかる。

文字の見やすさが格段に上がってゲーム中でも「全然違うなー」とわかるくらいで、下手にテレビを買い替えるよりもインパクトがあるし、数千円の投資でこれだけ劇的な効果がでれば文句ない。

ちなみにAVマルチ入力というのはSONYのWEGAシリーズ等についているものなので、他のテレビだとD端子で接続すると良いだろう。D端子もないとなれば、S端子。コンポジットは最後の手段。

で、こういう結果をまざまざと見せられては、今後はケーブルにも気を遣うべきだなと思った今日この頃なのである。

※DVD映像については、PS2のバージョン&DVDプレイヤーのバージョンとTV側の仕様により正常な映像がでない場合があるので、DVDプレイヤーとしてもPS2を使う人は下記サイトで要確認。
PlayStation.com(Japan) | サポート

*Amazon*
AVマルチ入力対応ケーブル SONY VMC-AVM250

*参考Link*
[N] ゲーム機と接続端子と画面映りの関係
・不定期連載 ゲームグッズ研究所【第93回】接続端子とケーブルで画面はどう変わるのか? 新ハード3機種と出力画面を総当りチェック

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor