【映画】機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-

機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-
監督:富野由悠季
2005年 日本
再会は躍動する魂。とき放て、“Z”!!

モビルスーツがゴテゴテと格好悪くて登場人物が勝手気まま過ぎる陰気臭い「ガンダム」。
これがTV版「機動戦士Zガンダム」の印象だが、何故かTV版から20年も経った2005年に3部作として映画化されたのでまず第1部をレンタルして観た。

TV版「機動戦士Zガンダム」にあまり良い印象がないのに映画版も観てしまうというのは、ある意味、「ガンダム世代」の「業」なんだろうか。

>>内容<<
1985年から86年にかけて制作・放映された、「機動戦士ガンダム」の正式な続編「機動戦士Zガンダム」を再構成し、さらに現在の視点で捉えたエピソードなどを盛り込んだ“ニュー・トランスレーション”版。
3部作からなり、その第1部「星を継ぐ者」は、「ガンダム」で描かれた1年戦争から7年後の宇宙が舞台となる。
スペースコロニーに住む少年カミーユが、エリート軍人組織ティターンズが開発したガンダムMk-IIを奪還し、スペースノイドの自治権確立を目指すエゥーゴと合流し、共闘するまでの経緯を中心に描いている。

まず、従来のTV版の絵と新しく加えられた絵が違いすぎることに愕然としてしまうのだが、これって全部新しく描くことはできなかったのだろうか? と思ってしまった。まるで違う映画が混在しているかのように見えてしまう。

ストーリーはTV版の尺を詰めただけのようだが、カミーユ・ビダンがジェリド・メサを目の敵にする理由も、ブライト・ノアが連邦にいたと思ったらエゥーゴに属して艦を指揮する顛末もよくわからなくなっている。TV版を観てなければかなりヤバイ展開だ。

映画だけだとストーリー上そこそこの扱いになってる理由がわからないキャラライラ・ミラ・ライラにしても、エピソードはカットしても良かったんじゃないだろうか。

全体的には絵も構成もガタガタで、ブライトなら「なにやってんの!」と叫んでる作品だろうが、TV版を観ていてしかも意外と覚えていたので、そこそこは楽しんで観られた。

特に、ラストのアムロ・レイとクワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)の再会の場面は実にカッコイイ。このノリで全部描き直してくれれば・・・

*Amazon*
機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-/富野由悠季

*関連テーマLink*
【映画】機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-
【映画】機動戦士ZガンダムII -恋人たち-
【映画】ついにきた「機動戦士ガンダムDVD BOX」
【絆はあるか】機動戦士ガンダム 戦場の絆
【Game】「ガンダム無双」ときたか。

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor