でんでんむしかたつむりまいまいつぶり

でんでんむし、が気になる。

ここ数年、「で ん で ん む し」と云った記憶がない。

そして今日、数年ぶりに「でんでんむし」と書き、云った。

書きながら、そして云いながら、「でんでんむし」とは実にケッタイな名前だ、と思った。

ある日、突然、オレが「でんでんむし」と呼ばれたら、意味が分からなくともなんとなく嫌な気分になるだろう。

「でんでん」 な 「むし」。

いったい何者なんだ。

お前ダレだ?

「むし」はわかる。「虫」のことだろう。

じゃあ「でんでん」ってなんだ!

お前ダレだ?

例えばオレの名前が「田中でんでん」だとしたら。

んー、嫌だ。

オレがアメリカに生まれて、「マイケル・デンデン」    
嫌だ。

中国に生まれて「趙 電電」 少しイイかもしれないが、ちょっとバカっぽい。嫌だ。

ロシアに生まれて「スラターニー・デンデンノビッチ」   嫌だ。

江戸時代に生まれて「遠山乃電々之介」相撲取りみたいで嫌だ。

全部嫌だ。

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor