【糸井重里】キャッチコピーランキング

日記ですらない

糸井重里印象に残る「糸井重里」作のキャッチコピーランキング – goo ランキングが面白かったので。

1位の「愛は地球を救う」(日本テレビ24時間テレビサブタイトル・番組内コピー)は超有名だし、日本テレビ24時間テレビサブタイトル・番組内コピーとされながらもうタイトル的扱い。


私的には

  • くう ねる あそぶ」(日産自動車「セフィーロ」)
  • おいしい生活。」(『西武百貨店』キャッチコピー)
  • エンディングまで泣くんじゃない」(ゲームソフト『MOTHER』キャッチコピー)

あたりがキャッチコピーとしては最強。

中国四千年の味」(明星食品キャッチコピー)、これ、糸井重里作とは知らなかった。恥ずかしい。

もうこれ中華料理を形容する言葉としては最強でしょ。

キャッチコピーの枠を超えてしまっている存在。

言いまつがい 糸井重里 ほぼ日刊イトイ新聞言いまつがい
糸井重里/ほぼ日刊イトイ新聞
新潮社
amazon-logo78_20

コメント

  1. ノン より:

    久々にブログが更新されていますね。
    どーしたのかと思った…。

    「中国四千年の味」

    糸井重里なのか!!私も知らなかった。

    そういや、このコピーが出回るまでは、私は中国は三千年だと思っていました。
    ナンでだろ??と思い、ググってみたらこういうページにぶつかりました。
    http://homepage3.nifty.com/alacarte/tanteidan-3.htm

  2. naru@unknown より:

    ご無沙汰です。

    コメントを見て思いだしたのが、子供の頃は確かに「中国三千年の歴史」と「中国=三千年」という組み合わせだったのが、いつのまにか四千年という組み合わせになってましたね。

    この一大転換期(?)が糸井重里の「中国四千年の味」だったとするならば(つーか、多分そう)、もの凄い影響力を持つキャッチコピーだなと思った次第。

    教えて貰ったURLだと中国は五千年まであるようだけど、お隣の韓国も五千年の歴史を主張していて、まだ二千年程度の日本はまだまだだなぁ~と思った。(なにが)