地獄の使者

地獄の使者たち

映画、漫画、アニメ等を見ていると、時々「地獄の使者」と称する面妖な輩が登場する。

時には一般人が「アイツは地獄の使者だ!」と云いながらガクガクブルブルしている場合もある。

時には「地獄からの使者」と称する場合もあるが、「地獄の使者」と役割は同じようなもんだ。

とにかく「地獄の使者」はとっても怖い奴の肩書きとして普通に流通している。

が、思うに、「地獄の使者」は結局「使者」に過ぎない。

「使者」の意味は「命令や依頼を受けて使いをする人。使いの者」(大辞泉)である。

みんなが震えがっているのは単なる「使い」だ。

地獄の使者を、ヒーローが息も絶え絶えにギリギリのところで倒す。
周りの一般人は何もかも終わったかのように歓喜の声をあげる。
しかし、そこに倒れているのはただの「使いの者」に過ぎない。
そう、文字通り「地獄の使者」なのである。

地獄の使者「ワタシは地獄の使者だぁ〜」

ヒーロー 「なに!世界の平和を守るためにオマエを倒す!」

地獄の使者「いや、使者なんで、伝言を預かってるだけなんだけど」

ヒーロー 「オマエを倒さねば、世界の平和はない!」

地獄の使者「ちょっと待ちなさいよ。ワタシは伝言を預かってるだけで、とりあえず話を聞いてもらって

ヒーロー 「ドゥオオララアアア! ヒーロー・キーック!」
     (ユウコちゃん、ボクのカッコイイ姿を見てる?)

地獄の使者「イタタタタタタタタ」

ヒーロー 「口ほどにもない。ヒーローが倒してくれよう!」
  (ユウコちゃん、ボクのカッコイイ台詞を聞いたかい?)

地獄の使者「だから使者だって

ヒーロー 「ウラララララァァ! ヒーロー・タイフーン!」
   (ユウコちゃん、ボクの今のカッコイイ回転を見た?)

地獄の使者「イタタタタタタタタタタタタタ」

ヒーロー 「さすがだな。タイフーンを食らってもまだ生きてるとは。さすがは最後にして最強の敵!」
(ユウコちゃん、世界の平和はすぐそこさ。そしたら・・・)

地獄の使者「最後とかそういうんじゃないから。ただの使い

ヒーロー 「ごちゃごちゃ言い訳するのはよせい! さぁ、最後だ! 必殺技ヒィーーーロォーーー・ビィイイイイイム!」
(ユウコちゃん、どう、このビーム。綺麗だろ。ああ、綺麗さ。でもユウコちゃんの綺麗さにはこのビームも連戦連敗さ)

地獄の使者「ウギャアアアア」

−地獄の使者爆発−

ヒーロー 「ギリギリの戦いだった。ビームが効かなければ世界はおしまいだった。しかしなんとかユウコ、じゃなくて世界を守った。オレは守ったどーーー!」

翌日。
使者が戻ってこない為に交渉の余地なしと判断した「地獄外務省地獄の使者部」の課長は、「地獄の使者部」部長に相談。
地獄の使者部部長は「地獄外務省」長官に報告し、長官は「地獄」大統領に決断を仰いだ。

「地獄」大統領は緊急議会を召集し、交渉の余地なしとして世界に宣戦布告。「地獄の軍団」が次々と世界へ赴いた。

3日後、世界は地獄となり、地獄は世界となった。

年月が経つと、その状態が普通となった。

そして今では「地獄の使者」は小説や映画、漫画やアニメの世界でしか使われなくなった。

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor