休業致します。

天津甘栗

地元をほっつき歩いていたら、見慣れた光景に何かひとつ足りない。


天津甘栗

天津甘栗の店が閉まっていたのである。

その休業の理由が実に胸を打つ。

今時の商売ならば、こういうことが起きないように冷凍した栗の在庫を抱えたり、微妙に味が異なったとしても世界中の各産地から輸入してリスクを分散したりするなど、休業状態にならないためのなりふり構わぬ業態が当たり前だが、もうそういうのは疲れるし格好悪いと勝手に思う。

というようなつらつら勝手気儘なことを思っていたが、天津甘栗を店頭で買ったことはない。