【Mindomo】オンラインでマインドマップ

PC&Soft、web。

mindomo.jpg

マインドマップ(Mind Map)はとても面白いツールなんだけれども、PC上でマインドマップ的なものを作るソフトで一番有名な MindManager は3万前後という立派な値段。これは手がだせない。

他にも、フリーで使えるものや、3,000円程度で購入できるソフトなんかもあるが、それについては下記サイトを参照していただくとして、無料で使えるなら超嬉しいというのは誰しもが思うこと。


mindmap.jp: [マインドマップの描き方、応用例、ツール、考え方について]

そこで、「soanblog創庵: オンラインマインドマップ-mindomo」というエントリーが。

紹介されているのは、Flashベースでマインドマップが再現されているサイト Mindomo。

ウェブ上に保存でき、自分の作ったマインドマップを共有することも出来るという優れもの。共有できるというのは実に良い。

Mindomo – Web-based mind mapping software

>>マインドマップとは?<<
トニー・ブザンが提唱した、図解表現技法の一つである。
表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを図の中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを繋げていくことで、発想を延ばしていく。
この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常に早く理解できるとされ、注目され始めている。
人間の脳の意味ネットワークと呼ばれる意味記憶の構造によく適合しているので理解や記憶がしやすい。
本来は紙とペンで描くものだが、コンピュータ上で描くための専用ソフトウェアもいくつか存在する。
   マインドマッピング – Wikipedia

コメント

  1. yosukezan より:

    おお、これイイ!
    根っからのテキスト派なのでいつもアウトラインプロセッサで書きなぐったのを再構成しているんだけれど、要素の相関関係を立体的に捉えなおせるっていう意味ではフリーで使えるコイツは福音。

  2. naru@unknown より:

    喜んでいただけて嬉しいであります。

    アウトラインプロセッサもかなり使えるけど、視覚的なインパクトも情報の整理やイメージを膨らませるには重要だよね。

    そういう意味からマインドマップって「楽しい」と感じるツールでもある。これって結構遊びに使えるし(笑。

  3. MindomoとThumbnailAPIで作る熱海温泉殺人事件

    Web2.0って何だろうと思いつつ、それは技術ではなく、使い方なんだろうな。
    ということで、超有名なWeb2.0的サイト。
    SimpleAPI
    Mi…