【音楽】2005年Best of オレ

毎年この作業には悩みが尽きないわけだが、ちっとも更新してない本家では2000年以来恒例(今気づいたが2004年音肴やってねー)の今年聴いて素晴らしかった音(いつもは去年と今年リリースものに限ってる)を、自分のために書いてしまう。

もろ趣味の世界どっぷりなんで、興味のない人は見て見ぬフリして通り過ぎるが良い。

「She Has No Strings Apollp」Dirty ThreeShe Has No Strings Apollp
Dirty Three
2003

オーストラリアのポストロック系サウンドの重鎮というかハシリとも云える Dirty Three の6枚目。
ヴァイオリン、ギター、ドラムだけのサウンドでリリックなし。曲よし。改めて聴いて痺れた。
オーストラリア、やっぱり凄い。UK、USよりも熱い。

「Matching Mole」Matching Mole(1971)
Matching Mole/そっくりモグラ
Matching Mole
1971

いわゆる Robert Wyatt 絡み。
The Soft Machine(笑。

「Let's Bottle Bohemia」The ThrillsLet’s Bottle Bohemia
The Thrills
2004

夏のテーマ。
切なく爽やか青空。ギターポップってこれのこと。

「This Is Hope」Mull Historical SocietyThis Is Hope
Mull Historical Society
2004

クレバー。

「Blinking Lights And Other Revelations」eelsBlinking Lights And Other Revelations
eels
2005

いつでも彼は良い。

「The American Adventure」The Electric Soft ParadeThe American Adventure
The Electric Soft Parade
2003

ポップの真髄。

「Love Kraft」Super Furry AnimalsLove Kraft
Super Furry Animals
2005

ある意味、音楽のバケモノ。

「The Dissociatives」The DissociativesThe Dissociatives
The Dissociatives
2004

ポップで新しい。ビンビン。
Silverchair のフロントマンによるユニット。
これまたオーストラリア、やっぱり凄い。

「The Past Presents the Future」Her Space HolidayThe Past Presents the Future
Her Space Holiday
2005

Marc Bianchiのソロ・ユニット。
元々はハードコア畑の人だが、エレクトロニカとヒップホップの融合作っちゃいました。

「Funeral」The Arcade FireFuneral
The Arcade Fire
2005

買ったばかりで聴き込み度低いが、年間ベストに入れる。

「The Secret Migration」Mercury RevThe Secret Migration
Mercury Rev
2005

ドリーミー。

「Best Of Gomo」GomoBest of Gomo
Gomo
2004

ポルトガル発。
デビューアルバムで「Best Of〜」と付ける大胆さも楽しいが、ポップ度の高さも楽しい。

「Songs for Silverman」Ben FoldsSongs for Silverman
Ben Folds
2005

Ben Folds Five の方が好きだが、そのうち Ben Folds の方が好きになるだろう。

「Owen」OwenOwen
Owen
2001

Joan of Arc のドラマー。
もっと新しいアルバムあるな。

「Theatre Royal Drury Lane[Live]」Robert WyattTheatre Royal Drury Lane[Live]/ドゥルーリィ・レイン劇場のロバート・ワイアット
Robert Wyatt
2005

反則。番外。番内にすると0位。

以上。

さて、本と映画もやらんとな。
今年中には無理。

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor