【音楽】「In the Court of the Crimson King/クリムゾンキングの宮殿」King Crimson

In the Court of the Crimson King クリムゾンキングの宮殿クリムゾンキングの宮殿 In the Court of the Crimson King
King Crimson
1969

名ジャケにして名盤、かつポピュラリティを得たアルバムとしては、ロック史10本の指に確実に入る語るも恥ずかしい大名盤。

The Beatles とバトンタッチするように出現したKing Crimsonのデビュー作は、あらゆる意味で衝撃的である。ジャケ然り内容然り。

今、聴いてもへヴィネス。

今、聴いてもポップ。

今、聴いても複雑怪奇。

今、聴いても奇跡。

そういうアルバムである。

*参考Link*

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor