【音楽】Eternity’s Children/Eternity’s Children

Love/The BeatlesEternity’s Children
Eternity’s Children/エタニティーズ・チルドレン

1968年

ミシシッピー州で結成された4人組 Eternity’s Children が1968年にリリースしたファースト・アルバム「Eternity’s Children」とセカンド・アルバム「Timeless」の全曲に、アルバム未収録曲5曲をプラスした充実盤。

ファースト・アルバム(10曲目まで)では Curt Boettcher と Keith Olsen が、共同プロデュースという、ソフト・ロック界最強のコンビが腕をふるっている。

ここでは Sagittarius の名曲「You Know I’ve Found A Way」のカヴァーなんかもやっており、サイケがかった幻想的とも云えるソフト・ロックを展開。

Sagittarius や The Millennium 辺りが好きな人にはオススメ。

セカンド・アルバム「Timeless」(11〜20曲目)になると Gary Paxton がプロデュース。

サイケな雰囲気は薄れ、サワヤカさがクローズ・アップされている。こっちのほうがポップな曲が多いし、バラエティに富んでることもあってファーストより楽しいんではないだろうか。

ちなみにこのセカンドは、当時カナダでしかリリースされず、マニア垂涎の激レア盤だったりする。

もちろん今ではCDで割と簡単に手に入る。良い時代だ。

Amazon:Eternity’s Children/Eternity’s Children(1968)

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor