【映画】ゼロ・グラビティ

映画「ゼロ・グラビティ」の画像

SF映画の歴史が変わる「ゼロ・グラビティ」

作品情報

  • 原題:Gravity
  • 監督・脚本・製作:アルフォンソ・キュアロン
  • 出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
  • 公開:2013年
  • キャッチ:宇宙の 暗闇を 生き抜け

感想

3D(日本語吹替)で観た。
今年最後に観て今年最高の1本。SF映画の歴史が確かに変わった。必見。

以下、ネタバレあり。

スペースシャトルで船外活動中に予期せぬ事故で宇宙空間へ放り出され、救助も期待できない絶望的状況で漂い続ける2人の宇宙飛行士の運命を、無重力の世界を圧倒的な臨場感で再現した3D映像でスリリングに描く。

冒頭から映像に没入してしまうため息がでるほど素晴らしい映画。

宇宙空間に漂う飛行士にカメラが寄ってヘルメットの中に入り、ヘルメットの中から宇宙飛行士が見ているあまりにも美しくあまりにも孤独な宇宙空間の光景を長回し(実際に長回ししているわけではないと思うが)で映しだしたシーンは映画史に残る名場面だと思う。
この場面で「この映画は傑作」であることを確信した。

映画「ゼロ・グラビティ」の画像

劇場で「ゼロ・グラビティ」堪能せよ!

この「ゼロ・グラビティ」という作品は、SFサスペンス映画として十分に楽しめるが、絶望的な状況から一人の女性宇宙飛行士が生還するというだけではなく、一人の人間が「生」をやり直す映画であり、もう一歩進めると、キリスト教的宗教観と科学的な人類の誕生を下敷きにした作品だと思った。

映画では宇宙衛星の破壊がデブリを発生させ、軌道上の数々の宇宙衛星を破壊していく。
これは星々が衝突することで今の宇宙の様相が形成され、生命の種が地球に降り注いだ(もしくは含まれた)という考え方にも通じるし、主人公が宇宙空間で胎内に回帰するかのようなシーンがあるのも印象的。
湖の底*1から脱出した宇宙飛行士(人間)が、既に人の形をしているのは、神が人間を創造したというキリスト教の史観に通じる。*2

最後に足を震わせながら大地に立つ場面も、「重力がある」というキーワードを際立たせる演出でありながらも、人類の誕生を思わせるところがある。
視界に町はおろか人っ子一人いない緑も少ない荒れ果てた大地(火星みたい)が広がっているところも、なんらかの意図があってのことだと思う。

まぁ、そういう色々と穿った見方ができる作品だが、とにかく、その映像美だけでも劇場で堪能してほしい。SF映画の歴史が変わる瞬間をその目で観てほしい。

絶対に劇場でかつ3Dで観ることをおすすめするが、その中でも絶対にIMAXシアターの3Dが最強のはず。*3

Gravity – Official Main Trailer [2K HD]

スピンオフ作品「Aningaaq」(アニンガ)。本編をご覧の後に観ることをオススメ。

  1. もしかして海? とも思ったが、カエルがでてくるので湖だな。 []
  2. また、海の底から海面に向かって泳ぐシーンにカエルがでてくる。聖書などでカエルがでてくる場合は、「変化」「リセット」「良い意味での救い」等を暗示していて、欧米の映画でも暗示として使われる場合がある。 []
  3. 残念ながら沖縄にはIMAXシアターがないので、観ることができない。。。 []
スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor