【映画】ALWAYS 三丁目の夕日

映画。TV。動画。

ALWAYS 三丁目の夕日ALWAYS 三丁目の夕日
監督:山崎貴
2005年 日本
携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。

「ビッグコミックオリジナル」に連載中の西岸良平「三丁目の夕日」を映画化。

子供の頃から家族中で原作漫画が大好きで、まさかの映画化に期待半分不安半分で観に行ってきた。

>>内容<<
西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」を映画化した人情ストーリー。
誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。
広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴監督が得意のVFX技術を駆使し、当時の街並み・風俗をリアルに再現。

昭和30年代の東京下町にある夕日町三丁目を舞台に描かれる人情物なんだけど、漫画とは登場人物のキャラ設定(六ちゃんは女の子になってるし)が異なっている。

だからと云って漫画原作ファンにありがちな「違うからガッカリ」というわけじゃあない。

原作にあるエピソードを上手に組み合わせながらストーリーは作られているし、VFXを使って昭和30年代の東京を再現した映像(ってもその頃を知らんが)も頑張ってると思う。良心的でとても良い映画だ。

若い人が観てもそれなりに良い映画だとは思うが、難し過ぎず説教臭過ぎず、という点で、あの時代を生きた普通のおっさんおばさん直撃の映画なんじゃないかな。

ALWAYS 三丁目の夕日ALWAYS 三丁目の夕日
評価:stars
物語:stars
映像:stars

*関連テーマLink*

コメント

  1. 「ALWAYS 三丁目の夕日」レビュー

    映画「ALWAYS 三丁目の夕日」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友…

  2. ALWAYS 三丁目の夕日/山崎貴

    最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そうい…