【映画】インストール

インストールインストール
監督:片岡K
2004年 日本
だってあたしには具体的な夢はないけど野望はあるわけ。
小学生と女子高生が エロチャットにはまった!

ずいぶん前に綿矢りさのデビュー作「インストール」は読んだが、登校拒否の女子高生が知り合った小学生の部屋の押し入れでエロ・チャットをする話、ぐらいしか覚えてない。

で、上戸彩主演で映画化されているのは知っていたが、劇場はおろかわざわざ借りてきて観るほど原作にも上戸彩にも思い入れはない。

が、深夜に放送されていたので、録画して観てみた。

>>内容<<
「蹴りたい背中」で芥川賞を史上最年少で受賞した綿矢りさのデビュー小説を映画化した思春期ドラマ。
退屈な生活に嫌気がさした女子高生がひょんなことからマセた小学生と出会い、一緒にエロチャットのバイトをする姿を通して、いまどきの女子高生の心情を瑞々しく描き出す。
主演は「あずみ」の上戸彩。共演に「お父さんのバックドロップ」の人気子役神木隆之介。

ストーリーは上記の通りだが、最終的にそれまでのモヤモヤした自分を初期化して再インストールしておしまい! というものである。

角川映画のアイドル映画で見たような古臭いカットを感じさせつつも、全体的にポップな画面。そして延々と流れる音楽。上戸彩をいかに可愛く見せるか、に最も神経を使っているんじゃないかと思われるアイドル映画だが、実際可愛いから手に負えない(笑。

まぁ、なんかモヤモヤしてたけど色々と考えさせられて元の世界で普通にやり直すことにした、という実にまっとうな青春映画ながら、エロチャットと上位者として現れる小学生という仕掛けは、原作もそうだが面白いなと思う。

エロチャットの画面がファミコンゲームかと思うくらいチープなことに驚くが、バリバリにリアルな今風のエロチャット画面(どんなだ)である必要ってこの物語にはないだろうな、と思い直した。

上戸彩演じる野沢朝子のキャラってなにも知らないウブな女子高生ただいま成長中、ってところだから、バリバリにリアルな今風のエロチャット画面(だからどんなだ)がでてくると結末が全然違ってしまいそうな気もするし(笑。

映画としては、物語のスケールが小さすぎるし、さりとて細やかな視点が効いた作品でもない。

臭すぎて背筋が凍ってしまいそうになる昔ながらのアイドル映画なのかとなるとそれも違う。
面白いかとなると、それほどでも・・・という映画だが、退屈はしなかったし、腹が立つこともなく、笑うところもない。

上戸彩ファンにはオススメできる作品だが、そうじゃない人には暇で暇で仕方がない時に観ることをオススメする。「意外と面白かった」となるかもしれない。

インストールインストール
評価:stars
上戸:stars

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor