【本】極大射程/スティーヴン・ハンター

極大射程 スティーヴン・ハンター(新潮社)極大射程
スティーヴン・ハンター
新潮社

随分昔に読んだ本なんだが、映画化ということで感想を昔のログから引っ張りだしてきた。

とにかく傑作な一冊。

>>内容<<
ボブはヴェトナム戦争で87人の命を奪った伝説の名スナイパー。
今はライフルだけを友に隠遁生活を送る彼のもとに、ある依頼が舞い込んだ。
精密加工を施した新開発の308口径弾を試射してもらいたいというのだ。
弾薬への興味からボブはそれを引受け、1400ヤードという長距離狙撃を成功させた。
だが、すべては謎の組織が周到に企て、ボブにある汚名を着せるための陰謀だった…。

銃器に関する詳細な記述は本格派ならではというか、著者は相当な武器オタクである。武器オタクでありながら、超距離射撃の実際的な知識も持ち合わせているようだ。いったいなにをやっていた人なんでしょう。それにしても終盤でのボブはほとんどランボー状態。ランボーほど荒唐無稽じゃないけれど。

これは面白いです。映画化すればかなり面白いんじゃないかと思うが、ストーリーももちろん面白いが、キモは銃器に関するウンチクなんで、そこが映画化へのネックか。

※とここまでの感想は2001年に書いたものなんだが、とうとう映画化されました。めでたしめでたし。

極大射程 スティーヴン・ハンター(新潮社)極大射程(上)
スティーヴン・ハンター
新潮社

極大射程 スティーヴン・ハンター(新潮社)極大射程(下)
スティーヴン・ハンター
新潮社
評価:stars
amazon-logo78_20

コメント

  1. soramove より:

    「極大射程(上・下)」見る興奮より、読む想像の興奮!

    「極大射程(上・下)」★★★★オススメ
    スティーブン・ハンター著

    映画でこの作家を初めて知り、
    原作本を読破。

    孤独な狙撃手ボブ・…

  2. 26冊目 極大射程

    今回はスティーブン・ハンター著、「極大射程」(上・下巻、新潮文庫)を紹介します。