【映画】ゴーストワールド/Ghost World

ゴーストワールドゴーストワールド/Ghost World
監督:テリー・ツワイゴフ Terry Zwigoff

2001/アメリカ
ダメに生きる

全米の若者の間でカリスマ的人気を誇るダニエル・クロウズの新感覚コミックを映画化したおしゃれでキッチュでとびきり切ない低体温系青春ムービー。
イーニド(T・バーチ)とレベッカ(S・ヨハンソン)は高校を卒業した今も進路も決めないまま好きなことだけしてフラフラする毎日。
ある日、二人は新聞の出会い系の広告に載っていた中年男をダイナーに呼び出し、待ちぼうけを食っている惨めな姿を見て暇を潰す。
しかし、イーニドのほうはその中年男シーモアのことがなぜか気になる。
やがて、シーモアの趣味である古いブルースのレコードをきっかけに二人の奇妙な交流が始まるのだが・・・。
若い女の子に年甲斐もなく恋してしまうダメ中年男をインディー界のカリスマ、スティーヴ・ブシェミが演じ、音楽オタクの悲哀を見せ泣かせる。

タイトルは本編の内容に即しているが、観ないうちはどうも即しているとは思えない。タイトルで損しちゃってるんだなどうも。

イーニド(ゾーラ・バーチ Thora Birch)にとって世の中はどうしようもなくダサいものである。
そのダサさに気づいている自分は人とは違う何者かであるとイーニドは思っている。親友のレベッカ(スカーレット・ヨハンスン Scarlett Johansson)も同じことを考えていると思っていたが、高校卒業を卒業してからは地に足をつけ、なんとか世の中と折り合いをつけようとしている。そんなレベッカを見ながらも、イーニドはどうしてもダサい現実社会と折り合いをつけられない。

ちょっと斜に構えて世の中を見てた青春時代を送った人に観て欲しい映画。かくいうボクもイーニドみたいに世の中が見えていた。結局はレベッカのように世の中となんとか折り合いをつけているわけだけど、イーニドはどうしても自分が譲れなかったり、譲ろうとした時にはタイミングを逃している。でも人生とはそんなもんだったりする。現実は映画やドラマのように都合良くはいかないのだ。

ラストはなんか胸が痛くなるような、でも応援したくなるような印象的なシーンで終わるんだけど、そこへの伏線の張り方もイイし、イーニドと仲良くなる普通の人から見ればダサいオタクな中年男シーモア(スティーブ・ブシェミ Steve Buscemi)の存在も忘れがたい。

Amazon:「ゴーストワールド」テリー・ツワイゴフ

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor