【映画】オテサーネク

ヤン・シュヴァンクマイエル監督作品「オテサーネク 妄想の子供」

オテサーネク 妄想の子供(Otesánek | Little Otik)(70点)

  • 監督・脚本:ヤン・シュヴァンクマイエル
  • 出演:ヴェロニカ・ジルコヴァ / ヤン・ハルトゥル
  • 公開:2001年
  • 購入:Amazon楽天市場

シュヴァンクマイエル作品の中ではわかりやすい方の作品なんで、初めて観るにはイイ作品。

子宝に恵まれないホラーク夫妻。
隣人に勧められて購入した別荘の庭を夫が掘りかえすと、赤ん坊のような木の切り株がでてきた。
妻の慰めにでもなればとその切り株を持ち帰るが、ただの切り株をオティークと名付け、妻は溺愛する。
夫妻は偽装妊娠を経てオティークを家に連れて帰るが、ただの切り株のはずが、異常な食欲を見せ始め、飼い猫や郵便配達夫、隣人を襲うようになる。

シュヴァンクマイエル流のアニメーションも冴えてるが、基本的には実写。

ただの切り株が動きまわる恐ろしさもあるが、それ以上にホラーク夫妻(主に妻ですが)の異常な愛情の恐ろしさが迫ってくるし、食べる行為へのこだわりはいつもながらである(笑。

個人的には「悦楽共犯者」や「ファウスト」あたりの異常性の方が見応えはある。

ヤン・シュヴァンクマイエル監督作品「オテサーネク 妄想の子供」

オテサーネク 妄想の子供(Otesánek | Little Otik)(70点)

  • 監督・脚本:ヤン・シュヴァンクマイエル
  • 出演:ヴェロニカ・ジルコヴァ / ヤン・ハルトゥル
  • 公開:2001年
  • 購入:Amazon楽天市場
スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor