【映画】アザー・ファイナル もうひとつの決勝戦

映画。TV。動画。

アザー・ファイナル もうひとつの決勝戦アザー・ファイナル もうひとつの決勝戦/The Other FinalL: Bhutan V.S. Montserrat
監督:ヨハン・クレイマー Johan Kramer
2002年 日本 オランダ
サッカーは、大切なことを思いだした。

ドイツ・ワールドカップの真っ最中なんで以前観たサッカー映画を紹介。

FIFAワールドカップ決勝戦が行われた2002年6月30日、アジアの別の場所で行われた”もうひとつの決勝戦”、最下位を決めるブータンVSモントセラトを試合前から追ったドキュメンタリー映画。

2002年6月30日。

ワールドカップの決勝が、日本で行われた日である。

そんな世界規模なイベントが開催される同じ日に、もうひとつの決勝(アザー・ファイナル)の火ぶたが切って落とされた。

FIFAランキング203位(最下位)の英国領モントセラトと、202位のブータン王国とのゲームがそれである。

コレ、ドキュメンタリー映画なんだが、もう発想の時点で勝ちゲームですね。

負けようがない。

人は強い者(ワールドカップ決勝)に惹かれるが、弱い者(アザー・ファイナル)にも惹かれたりするもんです。

映画はゲームの4週間前から始まる。

両国の様子から、ブータン王国に旅立つモントセラトの代表選手たち、両国代表選手の交流、そしてゲーム、と手堅い流れ。

監督がCM畑の人のせいか、やたらとイメージシーンを入れたり、映像に手を加えたりしており、ドキュメンタリーという観点からすると「?」だったのだが、映画として観るならまぁアリかなと。

これ、両国の人々が純朴なだけに、気になる人は気になるんじゃないかと思う。

ワールドカップに関係しているような大企業にスポンサーを頼んだが、ことごとく断られたという(誰かさんを)チクリと刺すようなコメントがあったり、選手が病気になったり審判がいなくなったりと、国情&ドキュメンタリーならではの面白さは見逃せない。

そういう状況の中、日本の企業がパートナー(オランダと日本の合作)として参加していたというのは、本編の内容とは関係ないが、実に粋じゃないかと嬉しかったりするのも事実。

ゲームの前後が重要といえる作品なんで、勝負のゆくえは書かないが、ブータン・チームの1点目はスゴイです。

ゴールに向ってヘディングしたボールが地面に落ちて角度が変わってゴオオオル! ってビックリしますよ。

カーンでもとれないかもしれません(エ〜、とれます)。

モントセラトのキーパーもあっけにとられてました。

単にグランドコンディションが悪いだけなんですけどね。

スライディングしたらケガしそうだし。

でも、フォローしておくと、グランド周囲の風景はどのワールドカップよりもステキです。

最後に、スゲー面白い映画というわけじゃあないが、サッカー・ファンのみならず、スポーツ・ファンにはぜひ観てほしい1本。

自分の応援するチームが負けてムシャクシャした時に観るとイイかもよ。気楽にね。

※ちなみに今現在(2006/06/18)の世界ランキングではブータンが188位、モントセラト202位と最下位を脱出!
現在のランキングは→FIFA.com The Official web site of the Federation Internationale de Football Association

アザー・ファイナル もうひとつの決勝戦アザー・ファイナル もうひとつの決勝戦
監督:ヨハン・クレイマー
評価:stars
amazon-logo78_20

コメント

  1. 映画鑑賞感想文『アザー・ファイナル』

    さるおです。 サッカーファン必見の映画『THE OTHER FINAL/アザー・ファイナル』を観たよ。 これはじつは2002年に観てるんですが、ほら、最近…