【本】銀河ヒッチハイク・ガイド/ダグラス・アダムス

銀河ヒッチハイク・ガイド/ダグラス・アダムス(河出文庫)銀河ヒッチハイク・ガイド
ダグラス・アダムス
河出文庫

銀河バイパス建設予定地の進路上にあるとかで、ある日突然、地球が消滅。
しかし、ひょんなことから地球最後の生き残りとなったアーサー・デントは、たまたま地球に居た宇宙人フォードと宇宙でヒッチハイクをすることになり、地球が存在する本当の意味を知ることになる。

という話であるが、SF的な面白さというよりも、シュールなテキストの面白さが先にきた。

もともとはテレビ番組として作られ、出版されてから大ベストセラー作品。
最近になって映画化されたりとその人気の程は予想できるが、世界観がわりとザックリ適当なんで、軽く読んで楽しんで終わり、くらいのものかなという読後感。


銀河ヒッチハイク・ガイド/ダグラス・アダムス(河出文庫)銀河ヒッチハイク・ガイド
ダグラス・アダムス
評価:stars
amazon-logo78_20

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor