【映画】ステキな金縛り

ステキな金縛り

なんだかんだと三谷幸喜作品はわりと観てるが、話題性と評判ということでは「ステキな金縛り」はここ数作品の中で一番だったんじゃないかな。

妻殺しの容疑で逮捕された矢部 五郎の弁護を担当する宝生エミは、将来性ゼロの三流弁護士。勝てる見込みのない裁判に矢部は「旅館で金縛りにあった」とアリバイを証言し無罪を主張する。矢部が泊まった旅館に赴いたエミは、矢部に金縛りをかけたという落ち武者・更科六兵衛を法廷につれて、矢部の無罪を証言してもらうことに。しかし、対する検事・小佐野徹はオカルトを真っ向から否定して、六兵衛の証言は法的に無効であると主張する。更には殺された鈴子の愛人、日野勉が陰陽師を雇って六兵衛を除霊しようとしていた。

作品中でも画やセリフで触れられているけど、「スミス都へ行く」と「素晴らしき哉、人生」のキャプラ作品へのオマージュ(というか大筋は足して割った)だなコレ。

三谷幸喜の映画ってモロなオマージュ多いけど、画でもセリフでもわかりやすく言及するというのは珍しいかも。

三谷監督って作品を重ねるに従って細かいプロットへのコダワリとか量が増えていくんだけど、個々のプロットの繋ぎが粗くなってきて、面白さがなくなってきているように思う。
残念ながらもう少し(時間的に)自由にやれた頃の作品の方が断然面白い。 

あと、本筋と関係のないネタとして中井貴一演じる小佐野(検事)って小佐野賢治を意識した名前だと思うのだが、名前の響きだけで小佐野にしたのかな。
「記憶にございません」に引っ掛けたようなセリフもなかった(と思う)し。
あれかな、証明できないものは信じない清廉潔白なキャラクターにしたことがそれなのかな。

それだけが気になった映画。

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor