【本】もう一度会いたい―思い出の人、さがします/佐藤あつ子

タイトルに引っかかって買ってみた人捜しノンフィクション。

>>内容<<
誤解したまま別れてしまったあの人、あの時、伝えられなかった想い、行方のわからない恩人、今ようやくわかったあの日の出来事の意味……
誰にでも人生に心残りがある。できるなら、この世で想いを果たしたい。
そんな願いに応える会社が大阪にある。その名も「初恋の人探します社」。
人々の想いに寄り添う調査の判明率は95%。
NHKドキュメントにも取り上げられた探偵事務所の女性社長が追想する、心あたたまる真実の探偵物語。

とっても地味だ。タイトルで購入した身からするととっても地味。
逆にそれがリアルでもあり、読む人によっては心温まるエピソードや著者の頑張りが描かれているのも良かったりするのだろう。

という書き方をしている時点で、「ああ、あんまり面白くなかったんだな」と思われそうなのだが、ずばり当たり!それ正解!

探偵事務所の名前が「初恋の人探します社」という時点で、ちょっと失敗したかな、と思ったし、内容も「自費出版」なテイストが感じられて仕方がなかった。
なんだろう、探偵のプロフェッショナルな姿があまり見えなかったからだろうか。
なんか心温まる部分だけ見せられても、こっちの需要とはズレがあった、というところだろうか。