【本】なぜ偉人たちは教科書から消えたのか/河合敦

偉人たちが教科書から消えるとはのっぴきならない話である。

そんなのっぴきならない出来事を確かめるために購入した一冊。

あなたの知っている日本史は大間違い!?
日本史の教科書から、近年、偉人たちの肖像が次々に消えつつある。聖徳太子、源頼朝、足利尊氏、西郷隆盛……名だたる有名人の肖像画が、実は本人のものではなかったのだ!
さらに、本当は醜男だった源義経、酒を呑み肉を食い遊郭通いまでしていた「一休さん」、実は桜吹雪の刺青ではなかった遠山金四郎など、通説破りの「偉人たちの真実」が明らかに!

厩戸皇子(聖徳太子)の画像

厩戸皇子(聖徳太子)の肖像画?

私の年代であれば、彼は聖徳太子のハズ。
世代的には1万円と云えば聖徳太子の肖像であり、1万円札のことを「聖徳太子」と呼ぶほどこの顔の知名度は抜群である。

しかし、今の日本史の教科書では聖徳太子は「厩戸皇子(聖徳太子)」という扱いになり、かの有名な肖像画は実は聖徳太子を描いたものではないという説まで登場し、これくらいならまだしも、聖徳太子は実在しない、という説もあるらしい。まるで使った覚えもないのに財布から1万円札が消えていた飲み会翌日の朝、みたいな寂しさではないか。

足利尊氏の画像

足利尊氏の肖像画と聞いてる画像

足利尊氏だ。
一時代を築いた偉人らしく颯爽としているではないか、と思ったら、足利尊氏ではない可能性大であるらしい。
じゃあ一体誰なんだこの颯爽野郎は。

こうした事例が幾つか紹介されていて、私の教えられてきた日本史と今の日本史は徐々に違ってきており、なかなか興味深い内容。

ただ、全編にわたってこうした事例を期待すると肩透かし。

水戸黄門で有名な水戸光圀や、遠山金四郎、大岡越前は実在の人物だが、ドラマで伝えられているような人ではまったくない、という割と俗っぽい人たちも取り上げられており、前半のインパクトに比べると似たような展開が多いせいもあって尻すぼみ的な印象を受けた。

テーマは実に面白かっただけにそこは残念だが、自分の知ってる日本史をリニューアルするきっかけとして読んでみて欲しい一冊。

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor