【本】イニシエーション・ラブ/乾くるみ

イニシエーション・ラブ 乾くるみ 原書房イニシエーション・ラブ
乾くるみ
原書房

最後に驚きの結末、二度目が更に面白い的な評価があったので、この作家のことは何も知らぬが読んでみた。

>>内容<<
大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは代打出場の合コンの席。やがてふたりはつき合うようになり、夏休み、クリスマス、学生時代最後の年をともに過ごした。マユのために東京の大企業を蹴って地元静岡の会社に就職したたっくん。ところがいきなり東京勤務を命じられてしまう。週末だけの長距離恋愛になってしまい、いつしかふたりに隙間が生じていって…。

恋愛小説的な本であろう、と思っていたら実は恋愛小説の皮をかぶったホニャララだな。

「なんかこの作家、文章が硬くて下手だなぁ~」と読み始めの頃は微妙に辛かった。

それがA面からB面(2章立てになっている)に移ると、別にたいしたことが起きているわけでもないのにウッスラ気持ち悪い。

B面になると「こいつ、なんか変だな・・・」という居心地の悪さがあるのだ。

もう少しこの居心地の悪さを説明したいところであるが、結果的にこれがネタバレになるので、説明するわけにはいかないが、何も考えずに読んでも文面から「なんか気持ち悪いな」的な印象は受けると思う。

で、最後の最後に衝撃の結末というか種明かしがされるわけだが、推理小説みたいに親切にヒーローが説明してくれるわけじゃあないので、そのままスルーして終わった人もいるんじゃなかろうか。

にしても、うまい作家やなぁ~、と読み始めの頃の文章が下手である印象はぶっ飛んだのであった。

ちなみに二度目は読んでない。

イニシエーション・ラブ 乾くるみ 原書房イニシエーション・ラブ
乾くるみ
原書房
評価:stars
amazon-logo78_20

*関連テーマLink*

スポンサーリンク
sponsor
sponsor
スポンサーリンク
sponsor